thanks for visit

[about + LINKs & BookMark + category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ 20100731[Sat]  GWS




今日は松本でライブでごわす。
SONICで8時からでごわす。



ラヴェル:ツィガーヌ/五嶋龍




▼ 20100730[Fri]  




やわらかい雨

最初で最後の
2010年、7月の終わり


始まりは一人

一体何のために音楽をするんですか?
一体誰のために音楽をするんですか?







▼ 20100729[Thu]  




Te Recuerdo Amanda / Victor Jara


最近聴いた、とても美しい歌声。
このVictorさん、両手首をへし折られ、銃殺されたそうです。
1973年と、すごく昔でもない時代に、南米チリで。





▼ 20100728[Wed]  




思い出すよアマンダ
雨の中を走っていくお前の姿を
マヌエルは山へ送られ
そのまま帰らなかった
たった5分がすべてを粉々に吹き飛ばしてしまった
サイレンが鳴るよ
仕事に戻ると
それでももう帰っては来ない
幾人もの
愛しいマヌエル
思い出すよアマンダ
雨の中を走って行くお前の姿を

Te Recuerdo Amanda ~ Song For Ché ~ Reducing Agent
Otomo Yoshihide's New Jazz Orchestra
LIVE Vol. 2 parallel circuit



ゆうべの月を見ながら海辺を歩きたいと思い、
今日、テレビで見たエッフェル塔から景色を眺めたいと思い。



9月のライブに出てもらおうと連絡したけれど、
「この電話番号は、、」と、行方知らずだったクボタくんから突然電話。
近いうちに音を合わせてみることになったので、楽しみ。





▼ 20100727[Tue]  
324-4.jpg



足にサンダルの日焼けあと。

毎日の夕焼けを見ては、明日も天気がよさそう。
といっても、いっときの暑さに比べたら、ずいぶんと涼しい。
繰り返し冷たい食べ物と飲み物を摂ると、背筋が寒くなる。



そして、今週の土曜日は松本SONICでライブです。





▼ 20100726[Mon]  




海を眺めながらぼんやりしていた昨日。
座っていたベンチの隣りの隣に40代くらいのマダム。
お洒落な麦わら帽子に白いシャツ、白いパンツ。
グラデーションのかかった幅広のサングラスをかけ、
組んだ足のつま先にはかかとの高いサンダル。
落ち着いてて、かっこいいなぁー、と。
打ち寄せる波を聴きながら、浜辺に出入りする人たち。
青い空、それ以上に青い海、
焼けた砂浜。
潮の香り。
遠く、海岸のほうから砂に足をとられつつ、
ヨロヨロと走って上がってくる、ひとりの子ども。
男の子。5歳くらい。
すっぽんぽん。
砂の感触が楽しいのか、笑ってる。
ベンチのあるところまであと30メートル、20メートル。
まだまだ走る走る。
開放感かも。
笑ってる。
あと10メートルくらいにさしかかったとき。
「あほーーー!!、なにしてんねん!!、なんでフル○ンで、、、」
と、一切の情緒をかきけす怒鳴り声。
カミナリ声。
声の主は、隣りの隣りのマダム。
身内なんだ。
さらに、カッコいい。
子どもは罪悪感もないので笑ってる。
後から歩いてきた20代くらいのあんちゃんに、
「なんでフル○ンで?」と、こっぴどく怒るマダム。
弱ったなぁ~、といった風のあんちゃん。
マダムは祖母で、あんちゃんが父親。
子どもはにいちゃんに連れられて洗い場へ。
マダムが子どもを洗い、あんちゃんは眺めてる。
空は青い。海も青い。


今日の月のほうが丸い。



▼ 20100726[Mon]  



土曜日は昨年まで続けて出ていた野外ライブ。
今年はちょっと無理です、と、ただの見物。
好き嫌いはあるけれど、どのバンドも前を向いた演奏でよかったと思う。
「~ぽい」、を含めばクラシック以外すべて聴ける素晴らしいイベントでした。
おつかれさま。


不参加のことを数人に訊かれたけれど、
まさかPAさんにまで「ササキくん出ないの~?」と云われるとは思わんかった。




昨日は海。オーシャン。
目がとてもくたびれた。


海からの帰り際は寂しい。
背中を向けるから。







▼ 20100725[Sun]  



one quiet night / Pat Metheny




▼ 20100723[Fri]  



夕立雨。梅雨明け以来の雨。
ちょっと降っただけだけれど、ずいぶん涼しい。
のち、強烈な夏の匂い。


ついでに書中見舞いもプリントしてみたけれど、
ごちゃごちゃした写真は全部ダメ。サイズって大事。


フィルム巻くためにダークバッグに突っ込んでた手を出したら、
汗が噴いてた。もろサウナスーツになってた。
夏も現像もたいへん。


あまりの暑さにミステリー小説を購入。
秋までには、秋までには、いや、秋の風が吹く前に。




▼ 20100723[Fri]  




鹿児島の同窓生から突然の電話。
特に用事はないんだけれど、元気にやってっかな?って。
牛関係の仕事をしていて、ここ3カ月口蹄疫の影響で収入がないって。
とはいっても、ぜんぜん暗くなく笑いっぱなしの会話だった。
8年ぶり、くらいかな。
九州行きたい~。


たまにはプリント、と、2Lサイズで50枚。
プリントするための選ぶ作業がたいへん。
1枚だけで絵になる写真がつまらなく見えたり、
どんな写真を撮っているのか回顧できたり、
面白いので、これからもときどきプリントしてみよう。
紙がメディアの写真がやっぱり好きだし、
ひとに見せるにも、楽。




▼ 20100721[Wed]  



そのうち僕らは骨になる~♪




ブローニー用
ポートラ160NCを4本
プロビア100Fを1本
エクタクローム100PLUS/EPPを1本
35ミリ用
プロビア100Fを2本
コダカラー400を2本

カラーはしばらく撮りそうもないので、
上記のフィルムをまとめてもらって下さる方、連絡を下さい。
手元にあっても使わない、ということにつき、
フィルム代も、送料もいただきません(ちょっとだけだし)。
連絡のいちばん初めにして下さった方に差し上げます。
todos_santos(at)plum.plala.or.jp まで。
決まり次第、ここのコメントに線を引きます。
なお、コダカラーの有効期限は不明(頂き物、ハコ無しなので)ですが、
それ以外はすべて来年までとなってます。






▼ 20100720[Tue]  



好きでやってんだから、仲良くやったほうが良いと思うよ。





▼ 20100719[Mon]  



あーついですね。

土曜日に飲み会。昨日はバーベキュー。
飲んだ量はそれほどではなかったけれど、
帰宅はどちらも朝だった。
よく笑った。


ペルー人のミュージシャンが、
動物の中で笑うのは人間だけ。たくさん笑ったほうがいい。
怒るのは短い時間だけ。長く怒るのは身体に良くない、って。
笑う犬がいるんだよ。口元がこうやって上がってて。
あははは、と、笑いながら教えてあげたら、
あなたはよく笑うからいい、だって。
褒められた、で良いのかな。





▼ 20100718[Sun]  








▼ 20100716[Fri]  
340-1.jpg



昨日は写真展を見に江戸へ。

原美術館でエグルストンさん、田端のギャラリーで金村修さん。
全く違う作風の写真家さんで、どちらも好きで、
もっとゆっくり見ていたい、その写真に囲まれた空間はとてもリラックスできた。


バイオリン屋さんへ。
弓を買いたいことを伝えると、
バイオリン・ビオラ・チェロ等ありますが、と、店員のお姉さん。
シンバルに使いたい、と伝えたら、目が点になってました。

バイオリンは小さいときからやっていないとやはりダメなのか、と聞くと、
できないわけではないけれど、左手がかなり大変、とのこと。
体験教室もあるそうなので、ぜひ試してみたい。でもかなり怖い。


遠くのほうから造りかけのスカイツリーが見えた。デカい。



▼ 20100714[Wed]  8月上旬のオキツゴンザレスデュオ
今と現在』についてもっと宣伝せんきゃいかんとこですが、
今と現在が終わると、すぐにやってくるのが『シュビドゥバナイト』です。


■8.6(fri) 
「 シュビドゥバナイト vol.14 」 
at 上諏訪ドアーズ
act: 
ヤマザキヤマト(東京)
EIJI(駒ヶ根)
creep(飯田)  
coccas (松本)
シュビドゥバ タケイ(諏訪) 
オキツゴンザレスデュオ(飯田)

open 18:00  
start: 18:30  
adv/1500  
day/1700   


85-1.jpg





 ad |  comment:0
▼ 20100712[Mon]  








▼ 20100711[Sun]  



前回よりはかなりマシだったけれど、
今回もリールの内側にわずかに現像ムラができた。
次はもう少し温度をあげようと思う。


youtubeでいろんなチャイコフスキーのバイオリン協奏曲を聴いてみて、
どれひとつ同じものがないのでとても面白い。
ミルシテインさんのCDに耳が慣れてしまっていたので、
五嶋みどりさんのソロのパートを聴いたときは、
こってりというか、渋いというか、
で、違う曲かと思うほどだった。


ピアノゾンビのつながりで、
ダットサン320もものすごくいい。

ヘッドバンキングは、
シベリウスのバイオリン協奏曲の第3楽章、
ブルッフのバイオリン協奏曲の第1楽章でもできる。


Mさんとこのズッキーニ、
キャベツとアンチョビのパスタに入れて食べてみました。
ばりうまでした。ありがとう。



よく雨が降る。




▼ 20100710[Sat]  



ピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たいピアノゾンビのライブを見たい

▼ 20100709[Fri]  



久しぶりの現像
tri-xを4本タンクで4回
D76を1:1
約22℃で9分
はじめの1分連続撹拌
その後1分ごとに5回倒立撹拌





▼ 20100708[Thu]  



アマゾンでCDの買い物。
初めてだからせっかくなので好きなミュージシャンのものを。
Mysterious Habitats/Dusan Bogdanovic
海外からだったけれど、安いし早かった。




意識の反映が薄い写真を撮りたい


▼ 20100707[Wed]  



Nightingale/Norah Jones




▼ 20100706[Tue]  



ドラムは四肢をバラバラに動かんくてもできるし、
そのパート自体なくても曲になるって知らない人がけっこう多いです。



▼ 20100705[Mon]  








▼ 20100704[Sun]  








▼ 20100702[Fri]  7月末のオキツゴンザレスデュオ
7月31日(土)
松本ソニック(松本市深志2-5-6)
20時オープン 入場料1500円 
「今と現在」実行委員会企画
「今と現在」
出演 ニイタカヤマ Cla-c ベアーズマーキン ひまつぶし(名古屋) オキツゴンザレスデュオ(飯田)
 DJ ナオミキャンベル(coccas)と仲間達 

この街に新しい文化を!

チケットございません。入場料として1500円頂きます。

タイムテーブル

20時~ DJ
20時半~ Cla-c(O.A.)
21時~ DJ
21時半~ ひまつぶし(名古屋)
22時~ DJ
22時半~ ベアーズマーキン
23時~ DJ
23時半~ オキツゴンザレスデュオ(飯田)
0時~ DJ
0時半~ ニイタカヤマ


「今と現在」実行委員会基本理念


この街は表現したくても弊害が多過ぎる

バンドを始めとする表現は金持ちの道楽ではない
金の無い奴はライブをしてはいけないのか
そのような場所にいてはいけないのか
ライブハウスを始めとする表現する場所がその様な構造が常識となってしまっている
商業利益ばかりに眼を眩ませてる連中ばかりなのか
誰も動かないのなら 我々が変えよう 常識となってしまったこの現実を
今こそ立ち上がれ 表現者
未来を作るのは行政でもなくマスメディアでもなく世間でもない
この街を豊かにするのは誰でもなく我々である
バンド表現者は消費材の消費財か?お前達の維持費でもない
既存の固定観念や価値観を疑え
予定調和を拒否せよ
この国では人は生まれた時点で生きることを保障された国なのである
なのに何故 人が生きることを諦めてしまわなければいけない現状があるのか
惑わされるな 殺し合いなど以ての外だ
生きる
それは
表現することである
今と現在は違う
今を充実させることによってその先の現在は全く違う物となる
生きる
生きるということを表現していこうではないか!!


costarica1.jpg


DJ ナオミキャンベル、ってところがとても素敵です。




 ad |  comment:0
▼ 20100701[Thu]  
75_20100701193346.jpg


Bye June/The Smashing Pumpkins






templete by*淀川宮戸